営業?いえ、ヤクルトレディのは「普及活動」です

ヤクルトレディの話
スポンサーリンク
            <span style="color: #ff0000;">まぁ、ぶっちゃけ営業以外の何物でもないんだけどね!!!</span>

なんで普及なのかというと、ヤクルトの祖・代田稔(しろたみのる)博士の描いた夢や理想、健康への考え方を広めていこう=普及、ということなんですよ。

この人、小さい頃は比較的裕福に育ったんですけど、田舎&時代が時代だったので、友達とか近所の人など身近な人が腸チフスとかで亡くなる事が多かったんです。で病気になってからだと治るのがすごく大変だから、病気にかからないように体を作っていくのが大事なんだという思いに至って、医学部に入ってそのまま研究し続けて医学博士になるんですよ。

で、大腸の菌を調べてるうちに、強い菌を見つけて、それを強化培養(消化液に負けないようにというやつ)して「体に有益な菌を飲むというライフスタイルを広めていこう」と、ヤクルトを発明したそうです。

 

この強い菌が「乳酸菌シロタ株」というわけですね。CMとかでもやってるやつ!

だから、ヤクルトレディが家々を訪問して、ヤクルトの営業をする活動は「代田先生の考えを普及する為の活動」=「普及活動」ということで・・・

でもまぁ営業以外の何物でもないんだけれどね!!!!(2回目)

あ、でも私はヤクルトの製品自体は本当にいいものだと思ってるんですよ。

自分が飲むようになって、ほんとに風邪ひかなくなったし、季節の変わり目にいつもダウンしてた旦那が、ほんとに熱出さなくなった!!

でもさ、健康食品って、やっぱり選択する意思があるわけじゃない?良いものなのは確かだけれど、皆が皆求めるわけじゃないじゃない?健康に悪いと知りながらもタバコを吸う人と同じでさ。

 

だから、私はこの普及活動が、すご~~~~~~く苦手でした(汗)

 

スポンサーリンク

表向きにはヤクルトレディには「ノルマ無し」だけど、やっぱりプレッシャーはあるよ

言いえて妙というか、ヤクルトレディにはノルマは無い…んですよ。

でも、センターには、売上ノルマが燦然と輝いているんですよ。

そのはざまにいる、マネージャー(社員)は、辛いんだろうなぁ…(遠い目)

というわけで、センターの壁には、でっかく「普及活動結果」が貼り出されてます!
模造紙みたいなやつに、グラフになってて、普及活動やって、サンプリングのヤクルトを渡せた戸数分、自分で書き込んだりシールを貼っていく、まさにアナログな営業成績表!!!

 

得意な人のグラフはいつもぐいーんと天を突きそうだし、苦手だったりそもそもそこまでやる気ない(のんびりやりたい派)や、扶養内パートのママさんとかは、0件とか1件とか。

 

気にしないならいいのかも。
でも時々「お客さん増やそう月間」みたいなイベント的なものが設定されて、普及実績をセンターごとに競わされたりします。私?もちろん苦手でしたので毎度瀕死でした(笑)

「今までただ家にいて、子どもの相手ばっかりの専業主婦だったけれど、やってみたら自分は意外とトークが出来て、成績が伸びるし、すごくやりがいがあって楽しい!」というヤクルトレディさんはいますよ!

ガチで自身の営業力が試されるから、この分野をやったことがないという人には新鮮ですね。

ガチの営業と言いつつ、保険証券なんかと違って、みんなが知ってるヤクルトなので訪問しやすいという声が多いです。

結構「前は生保レディだった」とかって人もいて、そういうレデイさんは「ヤクルトの普及は生保とかに比べちゃうと100倍楽♪」って言ってますね。

だから、自分の対人能力を試したい人は、楽しくできるかもと思いますよ♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました