Inoshow の『鶏と魚介の濃厚つけ麺』食べレポ

ラーメン大好き話
スポンサーリンク
            副鼻腔炎で病院に行った時のこと。

たいてい予約しないで受診するとひどく時間がかかるもの。

治療を終えて久しぶりに鼻に『匂い』の感覚が戻った来たときに、このお店の良い香りが。

ついつい入ってしまって、お店の代表メニュー『鶏と魚介の濃厚つけ麺』を食べたのでレポします♡

スポンサーリンク

もちもち麺(中盛まで増量オッケー)がサラリーマンに優しい

トロトロ角煮的なチャーシューに水菜、そしてガツンと寸角のようなメンマ(笑)

午後三時まで『ジロめし』サービスが。これはご飯無料サービスってやつですね。(ノーマルと辛いやつが選べます!詳しくは後述)

お昼の11時〜夜0時までやってます。

濃厚つけ麺の宿命『飽き』には、お酢を

濃厚で量もそれなりにあるつけ麺って、途中で飽きてくることありませんか?

そんな時にはぜひお酢をかけてみて!

味変になるし、お酢も健康効果高いし、おすすめしたいです。

ご飯がサービスでついてくる

量調整オッケーの特製ライス『ジロめし』が無料で付いてきます♡

ノーマルと辛辛(からから)があって、からからの方は辛さ控えめに調整も可能。

辛辛ごはん(小盛辛さ控えめ)を食べてみました

まずニンニクチップ(まずこれが辛いw)

そしてモヤシ&キャベツ(軽く湯通ししてあるやつ)がシャキシャキ。

タレ部分は飴色玉ねぎ+七味的な…あー辛い!!!でも美味しい〜!

ご飯にも汁が染みてて、逃げ場はキャベツとモヤシという感じ。

慣れてくると美味しい、けど鼻水が。。

紙ナプキンじゃなくて、テーブルに配されているのがティッシュでよかった。お替りの水ポットもほぼ一人の前に一つだから、気兼ねしない。

その横にスープ割りの保温ポットも置いてあります。

いちいち呼ばなくていいからお客さん目線が行き届いてるなぁと好感度が高まる(^^)

あまり比較したくないけど、隣接した万葉そばは卓上に紙ナプキンもないのでにか大変で。。

卓上のお酢や唐辛子などのカトラリーも、全くベタつき感が見えず、きれい。

提供時に紙エプロンがいるか聞いてくれて、もうすでに手に持ってる良ホスピタリティ!

無料の中盛とライスに惹かれてしまったのが運のつき…中盤からだいぶ苦しい…(前にもやらかしてる、学ばない)

でも、美味しいし、イヤな部分が無いし、来ちゃうんだよなぁ〜

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました