コンビニ弁当でも大丈夫?母乳の質は〇〇に左右される!

育児話
スポンサーリンク
            さて、赤ウィンナーです昔懐かしの。

着色料がなんだとか添加物がなんだとか、食に対しての目が最近はちょっと厳しすぎやしませんか?

確かに、そりゃー無添加で安全で国産でオーガニックなものは体にいいと思います。精神的にもね。

でも、現代社会に生きていると、そんな純粋培養では生きていくのはほんとに難しい。

ハンバーガーだって食べたことない人、いないでしょ?

昔、おもしろい話を聞いたことがあります。

食事の内容より、睡眠時間が大事(母乳編)

おっぱい飲んでる赤ちゃんの話。

赤ちゃんと言っても3歳ころまでデイリーに母乳チュパチュパしてた女の子がいて。

3歳頃ったらよくおしゃべりするようになるじゃないですか?

それで、ママが色々おっぱいの実験をしたんだそうです(笑)

  • 激辛担々麺
  • 某チェーンの天丼や牛丼、かつ丼
  • チョコやクッキー、パフェ
  • コンビニ弁当
  • オーガニック野菜の手作り野菜スープ

結果は…
『ママ、全部おんなじ!ちょっと甘いの~!おいしい!』だそうです(*^o^)(笑)

ただ、寝不足で疲れたなという時だけは

「ママ!全然おっぱい甘くない、美味しくない!ちゃんとして!」

という感想だったそうですww

人間の体って不思議。

何を食べても、赤ちゃんにとって最適なものへ変換してくれます。

もちろんジャンキーなものが続けば、ママの体の負担にはなっちゃうんでしょうが。

あまり「赤ちゃんの為、子どもの為に」と神経質になりすぎたりはしなくてもいいみたいです。

特に産後間もないママは、昼夜を問わない授乳やお世話でとにかく寝不足になりがち。

もうね、乳腺炎になりやすいとかでなければ、なんでもいいから食べて、とにかく寝る!休む!

これが一番いい(๑˃̵ᴗ˂̵)

それでも、食べ物によっては乳腺炎になってしまうというママもいますよね。

私もそうだったんですけど、なんでも食べる『楽』を取るために、乳腺炎予防になるハーブティーをしばらく飲んでました。

買い物行って疲れるくらいなら寝て休んだ方がみんなハッピー☆

ちなみに私は、妊娠中から今でもコープデリのお世話になってます。

スーパーと価格帯も近くて安いし、子どもがいると手数料が無料になる制度なんかもあって。

背中に赤ん坊、両手に買い物袋!と、汗だくになって運ぶ手間が無くてめっちゃ助かってます(*^o^)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました