公共の遊び場に子どもを放置していくのって正直困る

公共施設で遊ぶ子供未分類
スポンサーリンク

フェリーに乗って帰省中のこと。

船内のキッズスペースで娘を遊ばせていた時のことです。

一緒に歩いてる父親からパッと離れた男の子が、キッズスペースへ入ってきました。

スポンサーリンク

父親はそのままどこかへ→ベンチで食事を続ける

やってきた男の子に、娘は大喜び!

お姉さんっぷりを発揮(おいでおいでする、男の子の靴をしまってあげる等)し、二人で楽しんでいました。

私も保育士なのでね、まぁ安全を気にかけつつ見守りや声かけをしましたよ。

でもそれなりの時間が経っても、親が来る気配がない…

男の子はなんと2歳。(自称)

しかもちょっと遊び方が荒いというか、見ていてヒヤヒヤする場面の連続で。

娘の方が年上ですが小柄なので、体格は男の子のほうが少し大きいと感じます。

「もうそろそろキッズスペースからひきあげたい…」

そんな気持ちでいっぱいでしたが、娘と私とその男の子しかいない状況です。

まさか男の子をひとり残すわけにもいかず困り果てました…。

  • 「ねぇぼく?お父さんかお母さんはどこ?」
  • 「ここから見えるかい?」

遊ばせながら、何度聞いたことか…

「たーたん!あっこ!」

男の子が指差した先には、パブリックスペースの椅子とテーブルにコンビニ弁当を広げる男性の姿。

缶ビールまで飲んでいます…。

ぜんぜん子ども見る気ないじゃん!(>口<#)ノシ

ちらっとこちらを見るも、ご飯食べててぜんぜん来ない!

赤の他人に子どもの世話押し付けて、自分は悠々とひとり飯&晩酌か!

それからだいぶたって、息子さんを見に来たので、そのすきに船室へ戻りました…。

すっかりお風呂へ行くのが遅くなってしまいました。

人に子どもの世話を押し付けている感覚はあるのか?

子どもを見るって、ケガやけんかをしないようにと気を使う場面が多いです。親でも気を遣うのに、他人の子どもならなおのことでしょう。

おおげさかもしれないけれど、育児=命を守っているんです。

親はみんな、自分の子どもの命を守るために目を光らせてるんです、だからこそ育児って疲れるんだけれども…。

それを、行きずりの他の親に丸投げしちゃってませんか?という話。

「あ、面倒見の良いママがいるみたいだから、ちょっとご飯食べちゃおう」じゃないんですよ!!!!

この一件、久しぶりに怒り心頭ですよ。本でも読んで落ち着こう…。

  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました